竹本油脂株式会社は、食用油(ごま油)とスペシャリティケミカルの2分野で新技術に挑戦します。

お問い合わせ
English

ホーム > 農薬用化学品

農薬用化学品
安全に、効率的に

我々が生きていく上で欠くことのできないものの一つとして食が挙げられます。

わが国では主食であるお米を中心に、肉・魚・野菜・果物と様々な食料が供給されています。その中で水稲や野菜には病害虫や雑草の繁殖を防ぐ目的で農薬が使用されています。 農薬の中には農薬有効成分を広範囲に均一に散布したり、取り扱いしやすくする目的で界面活性剤が利用されています。私どもは農薬の安全性と効率的な使用をという視点をベースに、農薬用界面活性剤の開発に意欲的に取り組んでいます。

「農薬」と聞くと、皆さんはあまり良いイメージを持たれてないかも知れません。

しかし、農薬は我々が生きていく上で欠くことのできない「食」に多大な効果を発揮しています。例えば農薬を使わなければ生産量が半分以下になったり、特に果物では殆ど収穫できなくなったりします。しかし、ただ闇雲に農薬を撒けば良いというわけでもありません。少量の農薬を効率よく撒くことが理想です。
そこで、使用されるのが我が社で開発されている農薬用化学品です。
農薬有効成分だけでは田畑に均一に撒くことが難しくても、我が社の製品を添加することにより、水に希釈できるようになり、少量を広範囲にかつ均一に散布することが可能になります。
また昨今、環境に配慮された農薬や省力化された農薬の開発も盛んであり、我が社でもそういったニーズに応えるべく新規化学品の開発を重点に行っています。

本社

www.takemoto.co.jp
〒443-8611 愛知県蒲郡市港町2-5マップ
TEL:0533-68-2111(代)

ごま油事業部

www.gomaabura.jp
〒443-0036 愛知県蒲郡市浜町11番地マップ
フリーダイヤル:0120-77-1150
TEL:0533-68-2116(代)